スポンサーサイト

2009.09.30 Wednesday author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

短いコトバ

2009.08.10 Monday author : xxharu
 



rate

















ラテシリーズ。


きょうは
Ice アーモンドラテ 



用事まで
少し時間があったから


購入したばかり、

石田衣良さんの
『4TEEN』(フォーテイーン)という
青春小説を読んでた。


これは
まだ読んだことなくって。



石田衣良さんの言葉の表現って
とても柔らかくて、

クリーンに
イメージさせてくれる文章、



そして
涙を誘うのもあれば、


読み終わったあとに、
読者へ
希望を与えてくれるパワー。


わたしは
たまらなく好きなんだー。



最近ランキングでも上位の
「美丘」って恋愛小説も

とってもステキだった。*




------------★------------




言葉の大切さ。



「ありがとう」 

の、5文字。



「ごめんなさい」


の、6文字。




前まで
自分が素直になれないとき、


いちばん感じてたのは


「なぜこの短い言葉が
     言えないんだろう?」



って、想ってた。



その代わり、

何百文字という
遠まわしな言葉たちを

願ってもないのに
並べたがってる自分がいた。



ロンドンに行って、

数週間たった日に
ある外人に言われたコトバを

わたしは
忘れることはないだろうな。



「なぜ日本人は

 "yes!"  "No." の

 簡単なことが言えないの?

 聞きたいのはそこなのに。」



当時
バンドを誘われたとき、

わたしに
厳しいコトバを与えてくれた。


そして、
すっごく学んだんだよね。☆*



自分てきには、

そんなつもりで
コトバを並べてたわけでは
ないんだけど、


その時に、
まるでそんな固定概念を
一発で砕かれたような
衝撃をうけた。



今でも
とても感謝している★★*






コトバは
単純なのに、難しい。


だけど、
難しくしてるのは



…ただ、
自分のせいだったんだ



そう考えるようになってから
今では

短い言葉、ストレートな言葉を
発するように心がけてる*




"ことば" 
という特権を、
「大切にしていきたいな」

っていうのは


自分のなかのルール。*






| - | 03:37 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

2009.09.30 Wednesday author : スポンサードリンク
| - | 03:37 | - | - | pookmark |
COMMENT
YES/NO
いつだって伝えたいこと、知りたいことはシンプルなのに、なかなかそこまでたどり着かないことありますね。。

でもオブラートにくるむからこそ伝わるニュアンスや感情もあるし、だからこそ言葉は美しいって思うこともあります。


時と場合でうまく使い分けられる人になりたいですね☆


石田衣良さんの小説いーですよね♪私は昔の作品ですが『スローグッドバイ』『娼年』がお気に入りです(^-^)
| anna | 2009/08/10 9:18 AM |
annaさん:
ニュアンスはほんと数知れずだから
それは日本語の美しさですね、きっと♪
石田衣良さんのは本当に読みやすい!!
スローグッドバイ!わたしも好きです。*^^
| ハルナ | 2009/08/11 1:17 PM |
ADD YOUR COMMENT
TRACKBACK URL
http://blick2690-hal.jugem.jp/trackback/74
TRACKBACK
<< 皆さんへ。 | Main | 地震… >>